トップページ > コラム > コピー機は単機能タイプか複合機能タイプか

コピー機は単機能タイプか複合機能タイプか

 自宅用のプリンターを購入しようとすると、最近はスキャナー付きの複合機の方が多いことがわかります。スキャナーはすでにある、必要ないと感じても、スキャナー付きしかなければ選べません。プリンター単体機能の方が高くなっていることもあります。コピー機においても少し変化があり、単機能タイプが少なくなってきています。今は複合機能が一般的になっています。
 単機能は、ネットワークなどに接続することなく、とにかくコピーのみができる機械です。中古などだとこのタイプを選べます。主流になっているのは、ネットワークに接続して、プリンターやファックス、そしてスキャナーとしても使えるタイプです。複合タイプなら、それぞれを購入したり置くスペースを減らせます。ただ高くなります。中古の単機能タイプは、コピー性能が高くても割安で購入できます。


 コピー機はカラーかモノクロを選ぶか

 かつてコピー機といえばモノクロが一般的でした。オフィスで使うレーザープリンターもモノクロが多く、カラーを使うことはあまりありませんでした。ただ、レーザープリンターも徐々にカラータイプが登場し、それに伴ってかコピー機もカラータイプが多くなっています。
 利用に関しては、購入、リース、レンタルなどがありますが、カラーがいいかモノクロがいいかの選択が必要になります。通常のビジネスであればモノクロで十分です。価格はカラー対応に比べてかなり安くなります。コストをかけるぐらいカラーを使う頻度はないはずです。ただ、デザイン系の業務など色が重要になる場合にはカラータイプも検討しないといけません。よく使うのであれば、プリンターなどでいちいち出力するよりも作業が楽になります。プレゼンなどが多い業務の場合も、カラー対応の方がよりきれいな資料を作ることができます。


 コピー機は印刷スピードが命になる

 同じメーカーからプリンターが幾種類か発売されています。全く見た目は同じなのに、定価が大きく異なる場合があります。これは性能が異なるためです。印刷の時の解像度の違い、そして印刷スピードがあります。安いタイプは画質が粗く、印刷スピードも遅いです。家庭用で使うなら印刷スピードはそれほど気にならないでしょう。
 しかし、ビジネスでは時間との勝負になる場合があります。大量にコピーをしないといけないのに時間がかかるとなると、その分時間当たりのコストがかかってしまう可能性があります。コピー機を選ぶときには、目的を達成できる印刷スピードの機械を選ぶようにします。速ければいいわけではなく、速ければかなり高くなります。割高になる可能性があります。機械が予算にそれなりに収まり、コピースピードもビジネスにぴったりのものを選ぶようにします。

次の記事へ